« 井川選手、ポスティング移籍決定 | メイン | ヨシ、代表99試合目 »

松坂大輔、60億!?

すさまじい金額だ。

西武ライオンズの松坂大輔投手のポスティングシステムへの入札は、ボストン・レッドソックスが5111万1111ドル11セントで落札した、とようやく発表された。

60億?
2000年のイチロー選手が1312万5000ドル(当時約14億円)だったから、破格なんてものじゃない。

各メディアで報道されているから真実だろうが、もし球団に60億入ってきたら、すごいことになる。

 

1998年に西武、日本ハム、横浜の3球団が競合して、当時の西武の東尾監督が引き当てたわけだから、東尾監督が西武に60億を持ってきた、と言えなくもない。

もちろん今回の松坂投手への評価は西武ライオンズの育成の賜物なのだが、あのドラフトは60億の当たりくじだったのか、、、と、松坂大輔がメジャーでどんな投手になるか、ということよりも、そんなことをまず考えてしまった・・・

 

移籍といえば、相次ぐ超一流選手のメジャー挑戦で、日本球界が骨抜きになる、との危惧もあるが、レベルという面だけでなく、条件でもメジャーに匹敵するだけの金額を出せない球界なんだから、ある意味仕方ないと思う。

それよりも、日本の超一流選手がこれだけの評価を受ける世界がある、ということで、その金銭を球界の発展に使ってほしいものだ。

 

全額1球団に入ってしまうのはどうかと思うが、球界に60億入ると思えば、こういうお金を有効に使って、日本プロ野球を少しずつ盛り上げていくことはできないものだろうか。

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/16

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)