« 2007年2月 | メイン | 2007年4月 »

2007年3月29日

希望枠は今秋のドラフトで撤廃に

ようやく、というか、結局、日本プロ野球組織(NPB)の根来泰周コミッショナー代行が、今秋のドラフトから「希望入団枠」を廃止すると発表した。

パ・リーグは既に、希望枠の制度が残っても「使わない」と6球団が明言していたのに対し、廃止できない原因となっていたセ・リーグの開幕前に方針が決まったのはせめてもの救いだ。

これでフレッシュな状態で開幕できる。

 

これだけ世間や当事者までもが撤廃に向いているのに、なぜここまで問題解決が引き延ばされなければならなかったのか。

先にも書いたが、ルールは試行錯誤で変えていけばいい。

今のルールが悪いことは明らかなのだから、まずは変えること、が最優先だろう。

まず「廃止する」と即時決定するだけで、逆にイメージを上げることもできたかもしれないのに、不祥事にうまく対応できない大企業と同じことが日本プロ野球でも起こっていて、こうした大企業病が、昨今のプロ野球の人気の低下を招いているのは間違いない。

 

メジャーリーグだけでなく、甲子園があれだけ盛り上がるわけだから、別に野球に人気がなくなったわけではなく、むしろ日本プロ野球以外の野球は活況かもしれない。

WBC優勝やメジャーリーグで証明されているように、日本プロ野球のプレイヤーのレベルは世界の中でも極めて高い。

人気が復活するポテンシャルは非常に高いと思うのだが・・・

ファンを大切にする、自分だけでなく全体を見た決定をする、当たり前のことがされるだけでも、今ならまだファンは戻ると思う。

 

いずれにせよ、最低限のラインで踏みとどまった。

ドラフトでの大阪桐蔭・中田翔の行方が楽しみだ。

 

2007年3月26日

川口能活、パパに

ヨシが昨日、パパになった。

10月末に「家族が増えます」とメッセージを出していたが、昨日3月25日、女の子が誕生した。

予定では4月の頭だったが、ちょうど代表100キャップを完封で飾った直後で、これをお祝いするかのようだ。

100という数字は単なる通過点に過ぎないかもしれないが、忘れられない日になると思う。

日本代表100試合というのもすごい蓄積だが、それにも増して、家族が増えることで、また一つ、新しい川口能活を見せてくれることを楽しみにしていきたい。

本当におめでとう。

川口能活からのメッセージ 「赤ちゃんが生まれました」

 

2007年3月24日

川口能活、日本代表100試合出場

日本 2 - 0 ペルー

中村俊輔、高原直泰の海外組みが参加した、2007年オシムジャパンの船出は、GK川口能活の日本代表100試合目の出場でもある。

この試合に2 - 0と完封し、2007年の日本代表はは幸先のよいスタートを切った。

 

オシム監督は試合内容にはまだ不満があるようだが、先発FWの2人が共に得点を決めたというのはすばらしい。

やはりFWは点を取ることが役割なので、FWがいつも点を取って、相手にマークされ、そして楽になった中盤を有利に制する。

基本といえば基本だが、どんどんそういう流れに持ち込みたい。

 

時差ボケがあっても2本のFKからアシストを決めた中村俊輔はやはりさすがだったし、川口能活、中澤佑二、闘莉王の守備陣は、完全に相手を押さえ込んだ。

また試合終了間際に家長昭博、藤本淳吾、水野昇樹の3人が投入されてからは、ワンタッチプレーなど、スピードのあるプレーを展開した。 相手が疲れていることはあっても、これからが楽しみなプレイヤー達だ。

課題もあるが、今後に期待できるような試合だったのではないだろうか。

 

また、この出場を記念して、川口能活オフィシャルサイト「yoshikatsu.net」ではプレゼントキャンペーンを企画しているので、お楽しみに!

 

2007年3月23日

高橋大輔、世界フィギュアで銀メダル

前日のショートプログラム(SP)で3位の高橋大輔が、フリーで1位となり、合計237.95点で2位になった。

日本の男子選手が銀メダルを獲得したのは五輪、世界選手権を通じて初めて。

これまでは、2005年までの10年間、日本男子フィギュアスケート界を引っ張り、そして育ててきた、本田武史の銅が最高だった。

そんな状況でも、高橋大輔の普段の演技を見ていると、もしかしてメダル、しかも一番頂点までいけるのでは?と思わせてしまう技術がある。

 

SPでは最初のジャンプでミスをした。

しかしその後は気持ちを切らさずに踏ん張って3位に踏みとどまる。

「今季最悪のでき」と言いながらも「このできで、あの順位なら納得」と、前向きだった。

そしてフリーではふっきれたかのように、4回転ジャンプ以外はほぼ完ぺきな、すばらしい演技。

ジャンプで転倒ミスをしたカナダのジェフリー・バトルを逆転して、銀メダルとなった。

 

SPで大きなミスをして14位だった織田信成も、ミスをしながらも(3度しかできないコンビネーションジャンプを4度跳んでしまう大きなミスだが)自由は6位で巻き返し、合計209.94点で7位。

高橋大輔の銀に隠れてしまっているが、織田の演技も非常に大きく、日本人2名の合計順位は9位で、合計13位以内となり、日本男子は次回の出場枠を3つ、確保したのである。

 

日本人2名ともミスをしながらもフリーで1位と6位。

他の国の選手にもミスが目立ったが、こういう大きな大会でも確実に世界で戦えることが証明された。

複数の上位入賞というのは極めて大きな価値をもつ。

何かと相対することも多く、高いレベルで意識しあうからだ。

ちなみにトップ10は、2位と7位の日本と、5位と8位のアメリカの他は、複数入っている国がいない。

フランス、スイス、チェコ、カナダ、スウェーデン、ベラルーシが1名ずつである。

フィギュアスケートは女子だけでなく、男子にも名実ともに時代がやってきたかもしれない。

 

【 次回出場枠 】

1人出場の場合

  • 2位以内・・・3枠
  • 10位以内・・・2枠

2人以上出場の場合

  • 上位2人の合計が13位以内・・・3枠
  • 上位2人の合計が28位以内・・・2枠

となる。

トリノオリンピックの出場枠をかけた1人出場の高橋大輔が15位に沈んで出場1枠にしてしまい、その後揉めた選考。
そして結果的にこの間の2人の切磋琢磨による世界レベルへの飛躍は記憶に新しい。

 

2007年3月22日

プロ野球ドラフト、希望枠の廃止は来年から

西武のスカウトがアマチュア選手に「栄養費」として現金を渡していた問題から一気に盛り上がった、希望入団枠への批判。

選手が好きな球団を選べるということは、球団側は逆に、有力な選手に自分達を選んでもらおうと、チームを売り込むことになる。

そして、この「売り込む」ということが不正の発生の温床になっていることは想像に難くない。

だとしたら、選手側からの希望枠を全廃して、球団が公平なルール(球団が選手を指名・競合したら抽選、や、最下位の球団から順に選手を指名するウェーバー方式など)で選手を取得するようにしては、というのが今回の動きだ。

 

当然、今までも選手側の希望をどうするか、という話はよく議論されてきている。

人気球団や金銭的に余裕がある球団は、入団を希望する選手も多く、より有利にスカウトを進められる。

一方で、戦力が偏ってしまい、興行的に一方的で面白くない試合が増えてしまう、という懸念点も指摘される。

実際は選手を集めすぎると起用や出場機会の問題でチームを離れる選手も多く、戦力の格差はさほどでもないのだが・・・

 

人気球団は経営努力をしているということで、だから選手が集まる、また人気球団の存在が球界の発展を促している、と捉えることもできるが、今回は不正が表に出たことで、その選手集めの方式のマイナス面が大きくクローズアップされたわけだ。

 

希望枠を廃止するということは、選手側の希望が一切通らないということで、入りたい球団に入れない可能性も高いのだから、フリーエージェント(FA)権取得までの期間を短くしよう、という話が常についてまわる。

もちろんFAで有利に選手を取得できるのは、前述の、人気球団や、金銭的に余裕がある球団である。

希望枠とFA。この2つの制度を、選手の権利と見るのか、球団のアドバンテージと見るのかは、各球団によって全く異なってくる。

だから、入団時に希望が通らないならFA取得期間を短くしないと話にならない、という、ある1球団の主張も正当だし、理解はできる。

 

ただし今回の事件では、権利を取得するはずの、選手側の組織である「日本プロ野球選手会」までもが、「FA取得期間とは切り離して考えて、希望枠を廃止すべき」と言っている。

自分たちの権利よりも、社会への信頼、そして球界全体の発展を第一においたわけだ。

 

また、日本野球連盟、全日本学生野球連盟、日本高校野球連盟のアマ3団体は、希望枠の撤廃を以前から強く要望していた。

しかし結局、一部球団の強い意見で、希望枠の廃止は今シーズンが終わった後のドラフトではなく、来シーズンの後のドラフトから、ということで決まったということだ。

 

ルールは慎重に決めなければならないが、試行錯誤で発展させていくのもルールである。

決していいルールではなく、社会問題まで引き起こした現在のものを、なぜすぐに変えられないのか。

 

ちなみに現在のルールも、2004年の明治大学の一場選手(現楽天)に対して裏金を渡していた問題から始まった議論で、妥協案として採用された程度の制度である。

 

今回の希望枠の廃止は来年から、という決定を、世間はどう見るのだろうか。

即時廃止に反対する球団は、今年の希望枠が既に決まっているからだ、と誰もが考えてしまうのではないだろうか。

そしてその球団に今年のドラフトで入団する選手も、そういう目で見られてしまうのは当然だろう。

 

甲子園やメジャーリーグの活況とは正反対に、人気に陰りが見られる日本プロ野球。

イメージダウンを続けて今年1選手を獲得することが、将来の発展のためになると考えているのだろうか。

 

コミッショナーなどが問題発覚後すぐに一言、「即時希望枠の廃止に動きたい」などと打ち出しているならこの事件も逆に再編中のプロ野球界のイメージを上げたかもしれないのに、7時間半にも及ぶ会議の結果は、「ルールは慎重に決めないといけない」だ。

 

こういうときにトップがどう対応するのかは、最近よく世間を騒がせる、大企業の問題対応と極めて似ていると感じてしまうのである。

 

ちなみに阪神タイガースは大阪桐蔭の中田翔選手と親密といわれるが、その岡田監督も「選手がいる、いないで制度を変えたらあかん」とまで発言している。

岡田監督というのは、入札競合時のクジ引きに対しても、「もし競合したら、球団ではなく、入札された選手自身がクジを引けばいい」などという、おもしろい発想を持った人でもある。

 

2007年3月14日

ETC割引を利用してスキーに安く行く

ETCを利用した割引はいろいろあるのだが、ご存知だろうか。

深夜0:00-4:00が30%引きという「深夜割引」はよく知られているが、それよりも時間帯の広い22:00-6:00で「早朝夜間割引」という50%引きになる制度や、さらに6:00-9:00と17:00-20:00で50%引きになる「通勤割引」、などという割引があることは、知らない人も多いのではないだろうか。

それぞれの割引は、その時間帯に入り口または出口を通過すればいいから(深夜割引は0:00より前に入って4:00以降に出てもOK)、スキーに行く場合、ほとんどのケースで割引を利用できる。

つまり、時間帯でいえば、日中の9:00-17:00に高速道路の通過が完結する以外は、基本的には何らかの割引を受けられる。

ただし、50%割引の後ろ2つの割引はちょっと仕組みがわかりづらく、有効に利用できていない人も多いと思う。

 

「深夜割引」はいちばん簡単で、条件は

【深夜割引】
  • 0:00-4:00の間に走行する
  • どの区間でもいい。
  • 距離の制限はない。

ということで、知っている/利用している人は多いだろう。

ETC夜間割引

 

続いて「早朝夜間割引」だが、これは「よくわからないけど適用になっていた」というケースも多いかと思う。 というのも、100kmという制限があるためだ。

こちらの条件は、

【早朝夜間割引】
  • 22:00-6:00の間に入口または出口を通過する(※一律料金の場合は料金を支払う料金所の通過時刻)
  • 大都市近郊区間を1区間でも走行する
  • 1回の走行距離は100km以内

となるが、注意しないといけないのは、

「1回の走行距離が100kmを超えると、全区間で割引の対象外(通常料金)になってしまう」

ということだ。つまり、100km以内で降りないといけない。

東京地区の大都市近郊区間は下記の通り。この区間のどこかを絡ませることも必要になる。

  • 東北道(川口--加須)
  • 常磐道(三郷--谷田部)
  • 東関東道(湾岸市川--成田)
  • 新空港道(成田--新空港)
  • 関越道(練馬--東松山)
  • 東名高速(東京--厚木)
  • 東京外環道(大泉--三郷南)
  • 中央道(高井戸--八王子)
  • 横浜横須賀道路(狩場--佐原、並木--釜利谷JCT)

最後に一番わかりづらい「通勤割引」。これは、通勤とはいっても土日でも適用される。

【通勤割引】 6:00-9:00または17:00-20:00の間に入口または出口を通過する
  • 1回の走行距離は100km以内
  • 大都市近郊区間以外の区間が割引対象
  • 午前1回、午後1回のみ適用

となる。 つまり、「通勤時間帯に郊外を走る」ということになる。

こちらも

「1回の走行距離が100kmを超えると、全区間で割引の対象外(通常料金)になってしまう」

というルールがある。

100kmルールはスキーに行くにはちょっと厳しい。100km圏で行けるスキー場は少ないからだ。

なので、割引適用にはちょっとしたテクニックが必要になる。

つまり、

「100kmぎりぎりで、途中で一旦高速を降りる」

だ。

こうすれば、50%引きが適用になる。

ちなみに関越道で練馬からだと、前橋ICが92.1kmになる。

が、98.3kmのところにある駒寄というPAは特殊なパーキングエリアで、なんとETC専用の出口があるのだ。

これは図ったとしか思えないのだが、出口を出てすぐにUターンできるところがあるので、そこでまた高速に入れば、ほとんど時間をロスすることなく、Maxまで割引を適用できるのだ。

駒寄PA、名前を頭の片隅にでもひっかけておいて、22:00-6:00が絡んでいる時には一度お試しあれ。

 

さて、スキーの場合、ちょっと寝坊して高速に乗ったのが6:00を過ぎてしまった、という場合、通勤割引で100kmの区間について半額にする、というのがベストだ。

こちらは少し難しく、郊外の区間のみが50%引き、というルールだ。

つまり、練馬で乗って、先の駒寄で降りた場合、大都市近郊区間の練馬から東松山は通常料金で、東松山から駒寄の区間だけが割引になる。

100kmというのは東松山からの距離ではなく、あくまで乗ったところ(この場合は練馬)からの距離なので、こちらも注意が必要だ。

 

いずれにせよ、割引を適用するには「コマ切れに乗る」というのがポイントになる。

例えば練馬から沼田まで行く場合、125.8kmで通常料金は3,450円である。

100kmを超えているので、そのまま乗り降りしたのでは、深夜割引しか適用の可能性がない。この場合、2,400円になる。しかも0:00-4:00を絡ませなければならない。

しかし、駒寄で一旦降りた場合、
練馬-駒寄の早朝夜間割引が1,450円(通常2,900円)で、駒寄-沼田の深夜割引が600円(通常850円)なので、この場合は合計2,050円となる。
※駒寄-沼田は大都市近郊区間が絡まないので早朝夜間割引は適用せず、深夜割引/通勤割引のみ

また早朝夜間割引を2回使うこともでき、その場合は東松山の手前の鶴ヶ島で一旦降りれば、練馬-鶴ヶ島550円(通常1050円)+鶴ヶ島-沼田1350円(通常2700円)で、計1,900円となる。

少し寝坊した場合は駒寄で一旦降りて、通勤割引の450円を適用して、その場合も1,900円で行ける。

5:00や6:00出発で、この割引を知らずに3,450円払っている人は多いのではないだろうか。

1回ゲートをくぐるだけで、3,450円 → 1,900円になるのだ。

割引を最大に使うには、駒寄か鶴ヶ島かはそのときの時間帯によって決めなければならないが、一旦降りるだけでこれだけ違うのと、割引が適用される時間帯が圧倒的に広いので、かなり利用価値は高い。

早朝夜間割引と通勤割引が有効に使えて、「りょう・きん・は・1350・えん・です」などと機械のアナウンスが流れるとき、ちょっと嬉しくもなってくる。

ETC早朝深夜/通勤割引

ちなみに走行区間の距離はハイウェイナビゲータで簡単に調べることができるので、100kmのポイントになるICを調べておくと便利である。

あと、サービスエリアのインフォメーションがけっこう丁寧に教えてくれるので、どれが一番効率良く割引を適用できるか、聞いてみるのも有用だ。

 

※上記割引の対象となる高速道路はNEXCO東日本/中日本/西日本が管理する高速道路。

 

2007年3月 5日

スピードパラグライダー体験レポート

スピードパラグライダー体験1

グランボレ・パラグライダースクール が「スピードパラグライダー(スピードパラ)」のツアーイベントを宝台樹スキー場 で行う、というので、ちょっと顔を出して、スピードパラを体験させてもらった。

スピードパラは、フランスやスイスで去年(2006年)から流行り始めたようで、小さいパラグライダーを背負いながらスキーで滑降するものだ。

スキーを履いてパラグライダーをする、というスポーツもあるが、これは基本的にはパラグライダーで、テイクオフ(離陸)とランディング(着陸)のみスキーを使う、雪山でのパラグライダーの楽しみ方である。

それに対し、スピードパラは、パラグライダーのような空中遊泳というよりは、滑りながら、途中で斜面から浮いたりもする、パラグライダーを利用してスキーを楽しむ、という、スキー with パラシュート、といったほうが近いかもしれない。

パラグライダーの準備をして、いざ、スタート
スピードパラグライダー体験2

パラシュートの立ち上げは小さい分、かなり簡単に行える
スピードパラグライダー体験3

パラシュートをつけながら、ターン
スピードパラグライダー体験4

またターン
スピードパラグライダー体験5

たまに空中に浮かび・・・(影に注目)
スピードパラグライダー体験6

到着
スピードパラグライダー体験7

 

「スピードパラグライダー」との名前の通り、スキーで普通に滑降するよりもスピードは出るのだが、パラシュートの抵抗があって、スピードコントロールはパラグライダーで行うので、スキーでは減速がうまくできなくてスピードが怖い人でも、そんなに恐怖は感じないと思う。

 

パラシュートの反応は操作をしてからタイムラグがあるので、スキーターンをする何秒か前に、パラグライダーの操作を始めることになるが、基本的にはパラシュートがその方向を向かないとターンしないので、そのギャップがおもしろい。

また今回は斜面にちょっと斜度があったので、少し高く浮いてしまうことがよくあったが、それもそれで悪くはない。

 

スキー経験が少なくても方向などはパラグライダーで操作できるし、「飛ぶ」というよりは「浮く」という感じなので、パラグライダー経験がなくても楽しめるスポーツだ。

 

ただ、やはり長い距離の取れる斜面がほしいところだ。

スキーのポール練習と同じように、混んでいるゲレンデでは難しいので、どうしてもスキー場の協力が必要になってくる。

こういう新しいものを積極的に取り入れてくれるスキー場が増えてきたら、スキー、パラグライダー業界とも、もっともっと盛り上がってくると思う。

 

ちなみにこの日の宝台樹スキー場、すばらしい景色だった。

宝台樹スキー場1

宝台樹スキー場2

温暖化の影響かどうか、今年は極端に雪が少ないが、やはりこういう自然はできる限り残して、便利さや楽しさとは共存していかないと、と再認識。