« 2007-2008スキーテスト・試乗会 | メイン | 井川慶・初勝利! »

ピッチャー・那須野

ハマスタ(横浜スタジアム)での横浜 vs ヤクルト観戦。

横浜vsヤクルト・金城龍彦1

ここまであまり結果の出ていない、金城選手の応援がメインだったのだが、いい試合だった。

金城選手は今シーズン2度目のマルチヒット。

2本目はラッキーな面もあったが、やはり結果がついてくると、気持ちも上向いてくるだろう。

明日以降のさらなる上昇にも期待したい。

横浜vsヤクルト・金城龍彦2

 

さて、試合は横浜が初回、仁志、金城、村田のヒットで先制すると、直後にヤクルトは四球からヒット1本で同点、4回にも四球からのヒットで逆転に成功。

ここまでヒット2本で2点と、効率のいい攻めをする。

試合はヤクルト2-1とリードのまま終盤、7回へ。

ヤクルト先発・グライシンガー、横浜先発・加藤ともそこそこのピッチングで試合を作っていく。

 

7回から横浜2番手として登板したのは、超過契約金騒動の渦中の那須野。

騒動から初めてのマウンドだ。

 

が、この那須野がすばらしい。

この回先頭のグライシンガーには緊張したのか、9球を使ってようやく投ゴロに仕留めたが、このあとはリズムを取り戻し、「今まで以上に球場で活躍する姿を見せたい」との言葉どおり、現在打率首位と好調の青木、そして飯原を連続三振。

しかも青木には4球、飯原には3球三振と、完全に那須野のペースだ。

そして直後の7回裏、先頭の鈴木尚が2球目をレフトにツーベース、吉村が粘って遊ゴロでランナーを進めたあと、古木が初球をライトに犠牲フライで、ベイスターズは同点に。

那須野がピシャリと抑えたことで、横浜にリズムが生まれたのは明らかだ。

 

続く鶴岡がヒットのあと、大矢監督は那須野をそのまま打席に向かわせる。

打席の那須野、次の回を考えてバッティングは控えるのかと思いきや、見逃しストライク、ボール、ボールのあとの4球目を果敢に打って出る。

これはファールになったが、気迫が球場全体に伝わってくる。

結局次の球を打ってファールフライだったが、必死の那須野がスタジアムの空気を一変させた。

 

しかし続く8回、左のガイエルを2ストライク2ボールと追い込みながら、内角のチェンジアップがデッドボールに。

右打者のラミレスを迎えたところで、大矢監督は、左の那須野から、右ピッチャーの木塚にスイッチ。

木塚はラミレス・リグスの強打者は抑えたものの、宮本、代打の真中にヒットを浴びて、痛恨の失点。

 

そして結局、この勝ち越しのランナーを出した那須野に土がついた。

勝利投手・グライシンガー、敗戦投手・那須野。

めぐり合わせが悪く、敗戦投手になってしまったが、那須野には今後も今日のような気持ちで投げつづけてほしい。

 

契約金は横浜ベイスターズが自分を評価した金額なので、胸を張ればいいし、このピッチングをする投手を価値がある、と評価した横浜もさすがだと感じたのが、今日の那須野のピッチングを見た正直な感想だ。

唯一無二の技術を持った人材を評価するのは難しい。ましてや、金銭で換算した時に、どれだけの価値があるのか、などというのはほとんど誰もわからないだろう。

なので、金銭絡みの問題は最近多いが、主催者や関係者、選手、ファンなど、プロ野球を取り巻く全員がどんどん議論をして、制度を試行錯誤でブラシュアップしていって、こうした問題をカバーしていくべきだと思う。

 

今日のように、選手が一生懸命になって、常にすばらしいプレーを見せてくれれば、プロ野球はおもしろくなる。

 

横浜vsヤクルト・金城龍彦3 横浜vsヤクルト・金城龍彦4 横浜vsヤクルト・金城龍彦5 横浜vsヤクルト・金城龍彦6 横浜vsヤクルト・金城龍彦7 横浜vsヤクルト・金城龍彦8

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/69

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)