« 2008年2月 | メイン | 2008年4月 »

2008年3月19日

2008全日本スキー技術選手権大会(技術選)

先週末は全日本スキー技術選手権大会(技術選)が苗場で行われており、知り合いも何人か出場していることで、少し見に行った。

 

スキーの技術選は4日間で行われ、予選から本選、準決勝、決勝とコマを進める。

本戦以降の得点がその選手の合計点として加算されていき、本選、準決勝、決勝の10種目の総合計で順位を決定することになる。

前回の決勝進出者は本選からの出場となり、だんだんと人数が絞られていき、決勝は準決勝までの上位60名(女子20名)で争われる。

 

技術選は基本的にはその名の通り、スキーの技術を競うもので、いわゆるレースのような「タイム」も関係ない。

ただ、いかにスキー板の性能を引き出しながら、ターン弧を連続させられるか、というのがポイントになってくるので、ダイナミックな滑り、つまりスピードをできる限り出した中でのコントロールが要求される。

ターンの後半でブレーキをかけてしまうと次のターンとの流れが切れてしまうので、板をザーっと横にさせて止めるような動きはさせず、板をどんどん走らせていくのだ。

 

競技種目は下記のとおり。

本大会の競技種目
3/12
(水)
予選 総合滑降総合斜面・ハードまたはノーマルパック
大回り急斜面・ナチュラル
小回り総合斜面・ハードまたはノーマルパック
小回り急斜面・ナチュラル
3/13
(木)
本選 総合滑降総合斜面・ハードまたはノーマルパック
大回り急斜面・ナチュラル
小回り総合斜面・ハードまたはノーマルパック
小回り急斜面・ナチュラル
3/14
(金)
準決勝 小回り急斜面・ナチュラル
小回り中急斜面・不整地
大回り総合斜面・ハードまたはノーマルパック
3/15
(土)
決勝 中回り総合斜面・ハードまたはノーマルパック
小回り急斜面・ナチュラル
総合滑降総合斜面・ナチュラル

大回りは昔でいうパラレル、小回りはウェーデルンといえばわかりやすい人もいるかもしれないが、今はターン弧の大きさで大回り、小回りと分けている。

技術的にはどちらも同じ、パラレルターンであって、その切り替わりが細かいかゆっくりか、ターン弧が大きいか小さいか、ということである。

これらそれぞれの種目で、各選手の滑りが審査され、5人の審判により採点、一番高いものと低いものをカットして3審判の採点が得点となる仕組みだ。

 

今年2008年の技術選で優勝したのは男子が井山敬介選手、女子が松沢聖佳選手。

井山敬介選手は2007年から2連覇、松沢(旧姓嶺村)聖佳選手は2002年から7連覇の偉業達成だ。

【公式記録】 第45回 全日本スキー技術選手権大会 オフィシャルサイト
http://www.saj-edu.ne.jp/edu2007/45gisen/

 

今年の技術選にも何人も昔からの知り合いが出ていて、学生時代が終わってからだから、それからもう10年も経っているのだが、まだスキーを頑張っている人たちがたくさんいる。

こういうところに行くと、自分の道を追求していけるのはすばらしいことだと、妙に感慨深くなってしまう。

彼ら、彼女らには、できるだけ長く、スキー、またスポーツ界を、プレイヤーや指導者として、引っ張って行ってほしい。

こちらも別の面からいろいろとサポートしていければ、と思う。

 

2008年3月 1日

皇居ランニング参加

今日は、業務後(合間?)に、友人がやっている、社会人の素人ジョギングサークルのようなところに参加して、九段下にあるランナーズステーションを利用して、学生以来かと思えるくらい、久しぶりのジョギングで、皇居を2周(約10km)、走ってきた。

19:00集合だったが、そこは皆社会人。

30分くらいの間にバラバラと集合、かくいう自分も10分くらい遅れての到着だったのだが、15人くらい揃ったところでスタート。

1周目は全員でゆっくりと、2周目(以降?)は各自好きなペースで、という感じでやっているようだ。

自分もフットサルやスキーを適度にやっているものの、10kmを通して走ったのは何年振りかで、かなり足にきたが、走った後は、何となく達成感もあり、また学生時代を思い出して、懐かしくなった。

 

ランナーズステーションというのは皇居近くの路地にあるビルの1階に去年(2007)にオープンした施設で、ビジターは1回700円支払うと、ロッカーとシャワーが使える、というものだ。

皇居の周りはランニングのメッカで、近くの銭湯(荷物を預けられるところもあるらしい!)なども皇居ランニングをする人で混雑しがち、というところからできたようで、駅のトイレで着替えてコインロッカーに荷物を預けて走る、という人も多いみたいだから、こういう施設が増えるのはすばらしい。

 

皇居ランニングは、夜景もきれいだし、仕事の後にできるので、一度体験してみると、新たな発見があるかもしれないので、お勧めだ。

桜の季節も最高なので、春には日中にも、と一人で勝手に盛り上がってきた。

 

【ランナーズステーション】
http://www.runsta.jp/