« 2008年4月 | メイン | 2008年6月 »

2008年5月31日

ガリガリ君

先日、とある会で、赤城乳業の方にお会いした。

赤城乳業といえば、「ガリガリ君」に、「ガツン、と みかん」などのアイスを作っている会社だ。

毎日のように学校帰りにガリガリ君を食べていた中学、高校時代を思い出して、懐かしくなってきたのと同時に、やはりすごいブランドだ、と思う。

最近はコンビニで売られていて、むしょうに食べたくなることもある。

ガリガリ君は、ガワと中の歯ごたえの違いが絶妙でハマるのだが、これは、中を作って外側をコーティングするのではなく、先に外側用の液体を型に入れて周りから冷やして固めて、ある程度の厚さになったところでまだ固まっていない中の液体を出して外枠を作り、その中にあの「ガリガリ」用の別の液を入れて再度冷やして作るのだという。

あの食感を出すためにすごい技術を使っている。当然投資もすごいだろう。

やはり相当のこだわりと努力の結果、1つのブランドが作られているのだと感銘を受けた。