« 2009年2月 | メイン | 2009年4月 »

2009年3月25日

WBC連覇!

ドラマのようで、でき過ぎとも言えるような激闘の数々。

5度に渡る死闘で、もはや因縁の対決となった日韓戦。

最強のキューバ打線を緻密な投球で翻弄し、野球の聖地・メジャーリーグの軍団を擁するアメリカにも繋ぐ野球で完勝。

前回のように、イチローがリーダーとして引っ張る必要もなく、高度な能力を持った選手達全員の、チーム全体の意識が一つになり、誰かの調子が悪くても、他の誰かがカバーをする。

3年前と比べても格段に強くなっている我が侍ジャパンが、WBC連覇を成し遂げた。

ただただ、敬服するばかりである。

 

抜群のピッチャー陣に、それを完全に引き出した城島のリード。

青木、内川はじめ、ここぞという時に個性を発揮してヒットを重ねた野手達と、もがきながらも最後にはやはり実力で押し切ってくれた、孤高の努力家、イチロー。

そして采配の妙は随所に現れたが、強力な統率や指揮という感じでもなく、一点の曇りもブレもなく、単にチームの向かう方向を明確に示した原監督。

選手は使われるのでもやらされるのでもなく、個性を持った職人達が自分の持てる力を発揮して、あうんの呼吸でそれぞれの役割を完璧にこなし、結果がついてくる。

これこそ最高のチーム、究極の組織である。

 

和の中に個が光る。

個の集まりで和を作る。

日本の国民性が、野球という舞台を介して、最高の形で表れた大会だった。

 

こんなご時世でも関係なく、掛け値なしでこの興奮と感動を味わえる、独特の世界。

それを味あわせてくれた選手、球界、そしてスポーツというものに感謝したい。

 

何だかんだ言って、結果が気になってしまう。

みんな、スポーツが好きなのである。

日本が誇れる文化として、自信を持ってスポーツを挙げられる、そしてこの国民性も自信を持って誇れるものだ、と、さらに確信を深めた1日であった。