« ジムナビvs au Smart Sports | メイン | アジアカップ2011 »

イギリスの短期留学生ビザが11ヶ月までに!

大学などのいわゆる学生ビザ(Tier4 General Student VISA : GSV)ではなく、短期で語学学校に通うためのビザ(Student Visitor Visa : SVV)の滞在可能期間が、今までの6ヶ月以内の滞在から、今回(先週)の通知で11ヶ月までの滞在に変更になった。
※2011年1月10日からの申請(入国ではなく申請日)が対象。

http://www.ukba.homeoffice.gov.uk/sitecontent/newsarticles/2010/dec/34-extended-student-visitor-visa

 

弊社ではイギリスへのサッカー留学のプログラムを作っているが、11ヶ月になったということで、約1シーズン、この語学学校のビザで、イギリスに滞在することができるようになる。

サッカー留学の留学生は、ビザには苦労するだけに、これは非常に大きい。

イギリスのビザについては、ここ1年2年でも制度が何回も変わっていて、どんどんビザ取得事情が厳しくなる中で、かなりいいお知らせである。

 

ちなみに日本からのビザ申請は、2009/1より在マニラ英国大使館のUK Border Agencyにて審査が行われているため、書類は全て英語で出さないといけない。

SVVの取得には、申請用紙やパスポートの他、

■ライセンスのある語学学校に、入学証明となるCAS(Confirmation of Acceptance for Studies)を出してもらう。

■留学費用を持っていることの証明をする。
<留学費用+1ヶ月£800(ロンドン)または£600(その他地域)の生活費用:留学地域により異なる>が証明できる、自分名義もしくは親の名義の通帳で、必要資金は28日間通帳に置いておく必要がある。
※取引履歴のわかる通帳を英語に翻訳したものを翻訳証明とともに提出。

という書類が全て英語で必須で、渡航前にちょっとした準備をしておく必要があるので、早めに動き出した方がいい。

 

弊社で実施しているサッカー留学

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5266

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)