« 2011年1月 | メイン | 2011年6月 »

2011年3月21日

チームみなかみ・支援先受付中!

アウトドアの仲間たちが被災地の支援チームを結成した。

被災直後から被災地に直接物資を届けるなどの活動を検討、既に何度も現地に物資を届けている。

彼らが直接見た被災地の現状が下記である。

・避難所までの道路はつながっている。
・官で扱う大多数の物資はまだ拠点どまり。
・物資が足りない避難所はまだ多数ある。

彼らの活動と、彼らが見た現状を、1人でも多くの人に知ってもらいたい。

 

群馬県みなかみ町のアウトドア連合が、被災者支援チームを結成して、活動をしている。

みなかみ町観光協会が中心になって、民間で物資を集め、仲間たち自身でトラックを出して、緊急支援車として通行許可証をもらい、被災地に輸送を行っているのだ。

チームみなかみの活動(Blog開設)
http://blog.livedoor.jp/minakamiteam/

 

私と、ラフティングやパラグライダーなどの事業を行う、みなかみ町のアウトドア事業者たちとは、いろいろなところで付き合いがある。

今回、物資が集まるものの、被災地になかなか届かない今の現状に、何とかならないか、と、彼らが民間で支援チームを作って、できる限りの活動を行っているのである。

事態は緊急だ。

官も動いているのは間違いないはずだが、サポートを受けたい被災地や、物を送りたいけど輸送手段がない方に、少しでも多くの人に活動や現状を知ってもらい、これを読んで必要な方にはチームみなかみに連絡してもらえるよう、記事を書いている。

 

大津波で壊滅した宮城県南三陸町。

彼らは最初の搬送で、ここにも行ってきた。

現実のものとは思えない光景で、呆然として目の前にあるものが信じていいものかわからなかったそうだ。

当初の連絡時に支援物資を受け入れてくれるはずだった拠点では、集まった支援物資があふれていて配れないから必要ないと言う上、どこに届ければいいか、というところでもたらい回しにされてしまったらしい。

それならば、と直接避難所に届けることにした。

 

避難所ではやはり物資が不足していて、本当に喜んでくれたようだ。

一方で、道路は傷んではいるものの、ちょっとした距離の避難所までは問題なく道が通じていたと言う。

それなのに、少なくともそういう「道が通じている避難所」にも物資が十分に届いていない現状だ。

 

避難所で過ごしている人たちにとっては、復興段階になる以前に、まずは今日の食べ物、今日の暖が必要で、物資の到着は1日1秒を争う状況は明らかである。

公の機関としては、輸送手段や公平な配分、というのもあるかもしれないが、支援物資はどんどん集まるのだから、あるものから順に、届けられるところに届けられないのか。

話を聞いていると、拠点で仕分けを待つよりは、たとえ避難所で余ったとしても、とにかく足を確保して、どんどん避難所に届けてしまった方がいいのでは、と思う。

避難所までの道は通じている。

なのに、何としてでも届けよう、という気概がそこまで感じられないように思う。

 

そして昨日、既に第三弾となるチームが、福島県いわき市に届けてきた。

第一弾の支援の情報を聞きつけたのか、いわき市から観光協会に支援要請が届いたとのこと。

いわき市は第一原発からちょうど30km~50kmくらいの位置にあるが、原発の風評被害で支援物資が届かないそうだ。

ただ、報道を信じれば、健康には問題ないとのこと。

そこで、チームみなかみでは、万が一を考えてメンバーを募り、ガイガーカウンター(放射能測定機)を持って、物資を届けてきた。

仲間内でガイガーカウンターが手に入ってしまう、というのもすごいメンバーだが。
(※追記)ガイガーカウンターは福島県から借り受けたそうだ。

 

避難所は2,000~3,000ヶ所と聞く。

全国でこうしたチームが百程度もできれば、全ての避難所に届けることができるのである。

 

メンバーの話を聞けば聞くほど、民間の力で何とかならないものか、と思う。

長期的に見れば、経済を回すことが重要なことで、自分ができることも多少の募金と節電、そしてこうした情報提供程度なのではあるが、今この間にも、寒さと飢えで苦しんでいる人たちがいると思うと、どうしてもこの現場の現状を1人でも多くの人に知ってほしくてならない。

繰り返しになるが、

・避難所までの道路はつながっている。
・官で扱う大多数の物資はまだ拠点どまり。
・物資が足りない避難所はまだ多数ある。

のだ。

民間でも十分に、そして迅速に支援ができるのである。

みなかみチームは、当座の燃料費などがないということで、メンバー個人で返ってくるかわからない数万円を立て替えて現地に赴いている。

ただ、逆に考えると、今のたった数万円で、何ヶ所も救えるのが現状なのである。

いたるところで何億もの寄付が集まっていて、これはこれですばらしいことだと思うが、そのうちほんの少しの金額で今救える命があると思うと、適材適所にスピーディーに配分すること、というのを望んでやまない。

復興のための莫大な費用のために多く集めることも大事ではあるが、早く、とにかく早く、である。

多少なりともチームみなかみや、こうした活動をしている方たちに寄付を回せないか、と思う。

 

もう一つ伝えたいことがある。

ある避難所では、今必要な数日分だけもらって、あとは十分だから別の避難所に持っていってあげてほしい、と言われたそうだ。

1週間後に再び支援物資が来るかどうかもわからないのに、そんな判断を下している方々がいる。

首都圏での買い占めなどを見ていると、この極限状態において、なんというすごい人たちなのか、と思う。

 


これが民間のサポートチーム・みなかみレスキュー&サポートチームだ。
(チームみなかみBlogより画像転載)。
対応できる量は限られているが、支援を求めている避難所を受け付けている。
同時に支援物資も受け付けているとのことだ。

チームみなかみ・連絡先
0278-72-9008
teamminakami0311@gmail.com

みなかみレスキュー&サポートチーム

 

2011年3月19日

セ・リーグの3/25強行開幕に考える

2011のプロ野球、リーグ戦は、パ・リーグは開幕を4/12に延期し、セ・リーグが予定通り3/25の開幕を決定した。

3/11の大地震からちょうど2週間後、個人的には、今回の決定には反対である。

「野球を通じて利益を上げ社会に還元する」「野球をやるのが責務」「やれるからやる」、という自らの立場だけのスタンスで押し通してしまうセ・リーグの決断には全く賛同できないし、144試合をぎりぎり組めるというパ・リーグの延期も同様である。

 

ただ、娯楽にせよイベントにせよ、何でも自粛・節電の空気はどうかと思う。

延期や中止には多大な負担も生じてくるし、一時的に電気を使っても、それが後の大きなエネルギーになって返ってくる可能性もある。

中止してしまったら取り戻すことはできないのだ。

 

今は、被災地を支援しながら、復興に向けて歩み始めなければならない。

そのためには、直接の経済活動はさることながら、日本全体を前向きな気持ちに盛り上げていかなければならないと思う。

元気を出していくのには、音楽も同様だが、スポーツには計り知れない大きな力がある。

 

プロ野球の開催準備ができているのは事実だと思うし、横浜の担当者の「待つとしても、いつになったら通常の状態になるか分からない」という声もあり、これはこれで正しいと思う。

だが、ファンや選手を無視したような、あまりにも一方的な決断だったのが問題なのである。

また、パ・リーグの4/12開催にも全く根拠がない。

心情的には受け入れやすくはなるかもしれないが、適当に延期をすればいい、というものではなく、先がわからない今の時点で4/12の開幕を決めてしまったパ・リーグにしても同様で、セ・リーグだけ叩かれる、というのもおかしな気がする。

パ・リーグの選手は4/12への延期、イコール4/12の開幕、を支持しているのだろうか。

「セ・リーグの選手がかわいそう」などという声もあり、4/12の同時開幕であったら許されるのか、選手も世間も納得してしまったのではないか、というところが少し怖い。

休止している火力発電を稼働させるのには2~3ヶ月必要というし、4/12に電力が回復している、原発問題が解決している、余震がなくなっている、という保証はどこにもないのである。

 

であれば、「鶴の一声」ではなく、周りの声を取り入れながら、予定通り3/25に同時開催しよう、という流れにできなかったのか。

 

例えば電力について。

出典により異なるが、屋外球場のナイターで300~1,000世帯の1日の電力消費量、ドームでは約10倍の3,000~5,000世帯分の電力を1試合で使うようである。

もし往復2時間、観戦3時間の計5時間の間、仮に10,000世帯が外出して家の電気を消してスタジアムでナイターを見ていれば、照明や暖房需要の多い夜間の個人宅の節電にはなる。

家で半分の照明と弱めの暖房をつけながらテレビを見るのではなく、スタジアムの明かりの下で万単位の人が、数時間、集団で過ごすことになる。

放送等、周辺の電力も必要になるが、もしかしたら満員の観客を集めて開催することが節電につながるかもしれないのである。

 

「家の電気を消して、家族総出で野球観戦をして節電に協力しましょう! スタジアムを満員に!」

と。

こういうことは、中止にせよ開催にせよ、賛否両論はあって当然だ。

ただ、単にチャリティーというだけでなく、そういう出し方もあったかもしれない。

5,000世帯の電力というと、ものすごく大きく聞こえるが、プロ野球には、それ以上の動員をする力、それだけの人を1ヶ所に集める力があるのである。

もちろんナイター自体の節電は必要だし、可能ならデーゲームや、消費電力の多い東京ドームより神宮での代替なども模索するべきだが、1つ1つ、きちんとした検証と説明をするべきだったと思う。

 

プロ野球は戦後3ヶ月後に選手が希望して再開した、と言う。

これはすばらしいことで、そこからプロ野球を発展させてきた選手たちのパワーには賞賛してやまない。

ただこの例は、プレーをする選手当人たちがやる気になって、しかも3ヶ月後、という期間である。

今回は大地震からまだ1週間。

まだ被害状況の把握もできていない状況で出しても場違いなことは言うまでもない。

今回、選手が希望しない、ファンも望まない、現況への納得できる説明もしない、今の状況では、開催への賛同を得るのは極めて難しい。

 

さて、選手たちの対応も微妙なところだ。

選手会長、新井貴浩選手が選手側の要望としてそこまで強く主張した、というのは、対等な立場というところで、今後のNPBとの関係で非常に価値のある、勇気のある行動だったと思うが、やる心情になれないからやりたくない、というのも気持ちは十分わかるしその点は全く同意できるのだが、主張が少しワガママである。

過密日程で144試合行ったとしても、週末の回数が減るなど、興行的にマイナスになるのは明らかなので(それが企業として開催を主張するチーム側の本音かな、と思う)、チームに所属してプレーをしている以上、チームと利害関係が一致せず、チームの判断に要望を出すなら、世論を見方につけるだけでなく、それに対する自分たちの分担や代償も一緒に、ということになる。

選手はチームから年俸を受け取ってプレーをする、ある意味仕事であるのだから、やりたくない、というのであれば、一方的な要求ではなく、例えばその対価として、減収分の年俸を返上してもいい、被災地に寄付をする、などという声があってもいいはずだ。

デーゲームならいい、というのは選手の代償ではない。

これは開催するゲームをさらにいいもの、日本全体にとって価値のあるものにするために、チームやファンと一緒に考えていくべきものであって、選手の負担とは違う。

だから、選手会の「(自分たちの要望が通らなければ)開幕する試合に協力するべきでない」という主張は片手落ちに思える。

 

先にも挙げたように、復旧には相当な時間がかかることが目に見えている。

またスポーツイベントの開催にはプラス面もあることも確かである。

そして、復旧を待っていたら、いつになったら開催できるか、もしかしたら永久に開催できないかもしれない。

であれば、様々な面からメリット・デメリット、そしてできうる最高の手立てをしっかりと考え抜いた上、できることを、できる人が、すぐに実行する、ということも大事だと思う。

だから、今回の3/25のセ・リーグの強行開幕には反対、だが、みんなが納得した上できっちりと3/25に開催してほしい、と個人的には考えている。

この状況の中で、予定通りセ・パ両リーグ同時開幕、震災からの復興の力強いサポートになった、日本はこんなにすごいんだ、というところを見せてほしかった。

 

セ・リーグは一部の人の論理で強行するから駄目、パ・リーグの延期は妥当なところだ、あるいは、何でも簡単に自粛、中止、まあそれは仕方ないだろう、という論調にはならないでほしいのである。

 

話は変わり、本日、スカイツリーが634メートルの最高点に達したそうだ。

震災復興とは直接関係ないところで、建設に関わる人たちが努力を続けている。

日本の建築・建設技術は本当にすばらしい。

人の心も技術も、日本は捨てたもんじゃない。

 

自分もできることをできるだけしていこうと思う。

**********************************************************************************

3月11日に発生した東北関東大震災で亡くなられた方々にお悔やみ申し上げます。

また、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げるとともに、被災地の一日も早い復旧をお祈りいたします。

 

2011年3月14日

災害情報:メディアのライブ配信

いくつかのメディアでは番組と同様の災害情報のライブ配信を行っているので、インターネット以外に情報入手が難しい方は下記を参照してみてください。
※インターネットは帯域に制限があるので、テレビやラジオが直接視聴できる人はテレビやラジオで視聴してください。

<テレビ>

NHK

TBS

ANN(テレ朝)

<ラジオ>

radiko.jp

東電の計画停電について

弊社サーバー機を設置しているデータセンターは23区内にあり、今回の東京電力の計画停電の区域には入っておりません。

またデータセンターには無停電電源装置に加え、自家発電設備を備え、停電時にも安定した電力が供給される仕組みになっており、サーバーの稼働に影響を与えることはないと考えております。

ただし、データセンター設備は今回想定されるような長期間にわたる停電を前提としたものではないこと、また各機関からの要請などがある場合には、提供できる機能が一部制限される可能性があります。

今後の状況がわかり次第、情報をお伝えします。

 

2011年3月12日

データセンター設備状況

2011/3/11に発生した東日本大震災により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

一刻も早い復旧をお祈りするとともに、弊社にてもできる限りの協力ができれば、と考えています。

さて、弊社サービスを提供しているサーバー、ネットワーク、また設置をしているデータセンター設備ともに、巡回確認を行い、被害、異常がないことを確認していますので、取り急ぎご報告させていただきます。

個別のサービスにつきまして、何かございましたら、担当までご連絡ください。